MENU

霊性を高めるエッセンス  パニック障害

中指を使った瞑想

今回は中指を使った瞑想の話です。

 

中指のエネルギーエレメントは空(エーテル)

 

中指は「神の指」と呼ばれ、喉のチャクラに類別されています。
あなた自身の中指を見てみましょう。

五本の指の中で最も長い指ですよね。


このエーテルエネルギーは無限に向かって放たれています。


また、中指は天国への階段とも見なされています。

 

占星術で中指に類別される土星は、我々が住む太陽系の一番端に位置し、「門番」とも呼ばれます。

 


天国の門の前で私たちは

自分自身の人生について

説明する責任を問われます。


また、魂と心がピュアでないと開かない喉のチャクラ

“純潔・潔白への入口”も

中指が象徴します。

 

しかしながら、スピリチュアルな道を進むためには、

私たちはまず地上での義務成長を全うしなければいけません。

 


中指は循環器系の経絡と

胆嚢の深層経絡という内側の

経絡とつながりがあります。


どちらも人生においてチャンスをつかみ、

我がものにする手助けとなるものです。


中指のエネルギーは日々の暮らしの活動から

世界の彼方の領域へ至るまで

広範囲に渡ります。

 

 

~ エクササイズ ~


座る、あるいは横たわります。


右の中指を左手の四本の指で握り、

左手の親指を右手の内側の中央に伸ばします。


静かに目を閉じます。

 

あなたが一番やりたいことを

行なっているところを想像してみましょう。


あなたが進もうとしている道に置かれた

あらゆる障害物をコントロールし、

やっていることを心から楽しめるように、

持っているすべての熱意と才能を

最大限に発揮しましょう。


あなたがすることはうまくいきますし、

それがどのようにうまくいくか、

あなたは明確に思い描くことができます。


あなたがすることは世界を豊かにします。

(あなたの家族、個々の人間、あるいは世界全体)


さらにあなたを助け、

あなたに道を示す神の力と

常に繋がっているのを想像しましょう。

 

もしあなたが今の仕事に満足していないのなら、

あるいはあなたに合った趣味や興味がないなら、

内なる声に尋ね、あなたの内なる英知を

呼び覚まして答えを受け取りましょう。


同時に、中指が象徴する自発性をもって

目の前の問題に実際に取り組んでみましょう。


そして、これが何よりも大事なのですが、

創造主の力を理解し、

それに近づくことを求め、

創造主の力とパートナーシップを結ぶのです。

 

しばらくの間、中指をそっと優しく握り続け、

温かい気があなたの中に流れ込んでくるのを感じてください。


次に左手の中指を握り、同じようにしばらく握り続けます。


手をこのような形に組むと、首周りのコリに素晴らしい効果があります。

ぜひ試してください。

 

いかがでしたか?

大切なことは自らが「感じよう」とすることです。

 

次回は薬指の瞑想を書きますね。

 

お楽しみに!

≫ 続きを読む

ヴァジラプラダマムドラ

ヴァジラプラダマムドラ

ヴァジラプラダマムドラ
(ゆるぎない信頼のムドラ)

私たちは本来持っている自己愛にしたがい、自分自身を快適さに近づけることに於いて自己を信頼しています。

我々は繰り返される経験によって、何にでも対処することができるのではないかと思ってきます。

そして、我々は私たち自身を疑う時がやってきます。
 


◆生理学的・精神的に期待できる変化:

不安を感じる時、私たち自身に起こる何事にも対処することができないのではないかと思えてきます。

物事をより詳細に観察するときに、我々は内面性の強さが、如何に私たち自身のために重要なことだということに気がつくのです。

我々が弱気になる時、その理由は非物理的・非身体的な(精神的、感情的)ものであるときに、心に不安は静かに忍び寄ってきます。

私たちは、特有のムドラ・肉体的な運動・呼吸法を行うことで、内面性の強さを築くことができます。

 

さらに私たちは、宇宙意識との関係性を失うとき、疑念を抱き、ネガティブに考え始め、不安に包まれるように変化してくることに、私自身も気がつきました。


我々が本質から離れてもなお、宇宙意識という「一つの状態」に戻ることで、いつでもこの距離を克服することができるという真実を知っていること事体、とても素晴らしいことではありませんか?

宇宙的な意識はいたるところで常に存在しますが、それこそが我々自身ではないでしょうか。

このような認識は、私自身の全ての人生(人生観)を変えました。

 

この真実を常に思い出させる(気づかせる)ために、あなたの意識の中へお守りのようなもの(シンボル)を置くことができます。

自分自身と他者に対する「信頼感」が育まれてきます。


 
◆エネルギーフィールドの変化:

五大元素の性質を宿している指を交差させることで、私たちの存在そのものが、相互作用の関係性に従って成り立っていることを、身体的に理解できるように働きかけます。

指とボディの関係.png


 
◆手順:

基本手順:

あなたの胸の前で両手の指を交差させてください。

 
タイミング、場所など:

いつでも、どんな場所でも行ってください。

 
◆自己との対話(ムドラをしながら):

瞑想の始めに、あなたが感じている疑問に対する質問や、心からの願いを、明確にハッキリと声に出して話してください。

あなたに与えられる導きに感謝を捧げてください。

残りの瞑想の間、ただ静かにあなたの呼吸だけに注意を向けてください。

◆アファメーション:

私は、最も偉大なる全能による創造の現われです。

偉大なる全能の、強さと力は、いつでも私をやさしく支えています。
 

≫ 続きを読む

ガネーシャムドラ

m1.jpg

 

◆生理学的に期待できる変化:

心臓に刺激を与えて心臓の筋肉を強くして、気管支の管を太くします。様々なタイプの緊張から解放してくれます。

 

 

◆エネルギーフィールドの変化:

・第四のチャクラが開くことで勇気が与えられ、自信、他人の存在に対して寛大な気持ちにさせてくれる。

指とボディの関係.png

 

・第三チャクラ「火」のエレメントを活性化し、前向きになった心が描いた状態を具象化することをサポートします

・どんな人とでもフレンドリーな気持ちになれる気持ちが湧きあがってきます。

 

◆手順:

左手を胸の前に維持して手のひらを外側に向けて指を曲げて、右手の指としっかり組みます。

このとき右手の甲は外側を向いています。

肘は胸の高さで真横に両手を胸骨の位置に維持します。

息を吐きながら力強く引っ張り合い、吸いながら握りしめている指を緩めます

これを6回行い、左右の組み手を変えて6回行います。

重要なポイントは「力強く愛情を込めて」行うこと。

 

手を組み替えて上記の流れを同じように行います。

 

 

◆バリエーション:

 組んでいる手の位置を胸の位置に維持したまま、一方の肘を上方に反対の肘を対角に移動して、吐きながら引っ張り、吸いながら緩める。

この動作を左右、上下を変えて6回ずつ行います。

 

◆アファメーション:

人間関係の改善、人に対する自信、勇気、そしてクリアな意識から出てくる開放的な関係を築く力がつく。

 

≫ 続きを読む

あるパニック障害を改善するためのヨガ的処方箋

あるパニック障害の改善目的でOM5に来られている方へのヨガ的処方箋をご紹介します。

この処方はあくまでもこの方への処方なのですべての人にはあてはまりませんのでご注意ください。


この方は週に一度、内観した日誌をメールで送っていただいています。

以下はOM5が出したメールによるその処方箋です。 

----------------------------------------------------

 

最新レポートを読みました。

 

自己の認識を周りから観るようになってきていますね。

意識が肉体から離れた場所から見ていること自体は良いプロセスとなっています。次の観察におけるプロセスは、ほんの入り口ではありますが、本質観取という領域になっていきます。

 

 

パニック障害の発症回数が増えているのは、自己の認識が肉体を離れる際に起こる放置行為に近いものが起こっているからです。

同時に肉体はそれを阻止する動きをします。(自律神経の乱れ)

 

 

これらのことでお察しできるかと思いますが、肉体から意識を分離させることではなく、支配権を肉体から引き離し、肉体を包む存在になることが自己意識の引き上げとなり、肉体は安心できる環境になり人間として正常な生命維持の働きを起こすようになります。

 

 

具体的に肉体が安心する環境を作るにはどうすればよいか。

肉体の症状(サイン)として前立腺炎が出ています。

 

 

前立腺炎はご存じの通り、細菌性と非細菌性があり、細菌性はステロイドや漢方などの薬物投与で時間はかかりますがよくなってきます。

非細菌性の場合は、物理的・精神的・間接的なストレスが原因で引き起こされますので、これらのストレスがなくならない、または環境改善されないと治りません。

長時間によるデスクワーク、冷え性によるもの、精神的な不安が筋肉を硬直させて冷え性にさせることもあります。

 

 

環境を変えるのはご自身の意識変革と行動です。

 

 

前立腺に関係する第二チャクラであるスヴァーディシュターナチャクラは丹田という名前でも知られています。

位置は生殖器官の上でへその下。イメージカラーはオレンジ色(朱がかったピンク)です。

手の指では小指で水の性質を持っていますので、親指の火の要素とのバランスが崩れていて冷え性になってしまっているかもしれません。

 

 

性器、味覚、舌の状態が変化するので観察するポイントになります。

忍耐力を鍛えるにはこの第二チャクラを活性化させますが、逆に我慢することが多くなるとケアが必要になり、他のチャクラとのバランスをとることが重要になります。

 

 

普段の呼吸法を第三チャクラを意識した腹式呼吸法にしてください。位置はみぞおちとへその中間。

 

 

完全呼吸法の際も、一番大きくふくらます位置を第三チャクラに合わせます。

 

 

◆マハ・セイクラルムドラを使った瞑想

下記の画像のムドラ

ステップ1

薬指同士の先端を合わせて、親指と小指の先端を合わせ、両手の指を接近させます。

この状態で10回呼吸します。
 

ステップ2

次に小指同士の先端を合わせて、親指と薬指の先端を合わせます。

この状態で10回呼吸します。

 

呼吸はすべてリラックスした状態での第三チャクラを意識した腹式呼吸法。

m34.jpg

 

このムドラ瞑想は1回約7分を3回/1日を毎日行ってください。

 

前立腺に関する問題はこれによりかなり軽減されます。

もちろん生理学的な効果だけでなく、精神的なところへも改善されるでしょう。

そのうえでデスクワークを2時間に一度は席を立ち、膝を上げる軽運動をしたり、腰や下腹部を冷やさないよう工夫してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

友達登録して気軽にLINEで予約

新メニューやお得情報、日々の生活で役立ちそうなことをスマホから見ることができます!

友だち追加