MENU

霊性を高めるエッセンス  指でエネルギー感知力アップ

小指を使った瞑想

指でエネルギーの感知力アップする、、、

 

今回は小指を使った瞑想のです。

 

小指のエネルギーエレメントは水

Hands05.jpg

 

小指は性のエネルギーセンターとなる

第二チャクラと関連づけられています。

 

広い意味では社会的な対人関係を、

身近なところではパートナーシップと

関わりのある指です。


小指を性に分類するのは

ハタヨガとも合致しています。

 

小指はまた、コミュニケーション能力を備えた指でもあります。


ヒーリングを行う中国人が発見したように、

この指には心臓の経絡があり、

これは水のエレメントが小指に

関係していると、ヨガ修験者たちの

裏付けになっています。

 

水の性質は感情の領域を象徴します。

 

喜びに溢れ、

満ち足りた対人関係は

心を温かくするだけではなく、

心に栄養を与え、

心を強くします。


そして、逆に強い心のエネルギーは

幸せになる能力を私たちに与えてくれます。


私たちに崇高な感情を与え、

私たちの気持ちを改善するのです。

 


気持ちというのは

常に現在の感情の総和ですが、

湖の水面の波に例えることができます。


それらはリズミカルに調和したり、

いきり立ったり、

水は澄んで清潔だったり、

あるいは浅くて、

重くて、暗くて、

汚かったりするのです。

 

 

~ エクササイズ ~


座る、あるいは横たわります。

 

左手の小指を右手の四本の指で握り、

右手の親指を左手の内側の中央に伸ばします。


目を閉じます。

 

そして、そっと眉間に

意識を集中して

心の目を開いてください。


あなたは海辺に座り、

寄せては返し消えてゆく波を

じっくり観察しています。


あなたの感情、気持ち、

そして他人との関係においても

その波の動きと

同じことが起きていると想像してみましょう。


愛情を与え、

そして受け取ることもまた同様に

この法則にのっとっています。


自分が無条件に与えることのできる

愛情の分しか他の人からも愛情を

受け取ることはできないことに

気づいてください。

 

これはなにも偉業を果たさねばならない

という意味ではありません。


人間、動物、植物、水、空気そして地球(土)への

思いやりがあればそれだけで十分なのです。


もし必要があるならば、

誰か(特定の誰かでも、不特定の誰かでも)の

幸せな様子を思い浮かべ、

その人を励ましているところを想像してください。

 

人間が持つこのような

可能性と良心を信じましょう。

 

その人が嬉々として幸せそうに

微笑んでいるイメージ全体を

描いてみてください。


もし、あなたに親しい人がいない場合には、

バスや電車、路面電車の中のような、

まったく知らない人との関係で

少し練習をしてみましょう。

 

このエクササイズを数日から一週間続けたなら、

あなたは必ず不思議な体験をすると言い切れます。


あなたの心が喜びで満ちると、その時が来ます。


しかし、一番大事なことは、

しばらくの間まったく何も期待を

してはいけないということです。

 

あなたの好意と愛情を

無条件に与えてください。


種が芽を出すまで、

ほんの少しの辛抱です。

 

しばらくの間、

小指を握り続け、

温かい気の流れを感じてください。

 

 

次に右手の小指を握り、

同じだけの時間しばらく握り続けます。

 

 

 

 

いかがでしたか?

大切なことは自らが「感じよう」と

意識することです。

 

 

これで5本の指に宿るエネルギーを、

1本ずつの指を使って、

感知するための瞑想が終わりました。

 

それぞれの指のエレメントを感知し、

自然と自身が一体となっているという意味で

理解し始めたのではないでしょうか。

 

 

目的と意図を意識した

ムドラを使った瞑想法は

目的別瞑想法のページをご覧ください。

プライベートレッスンもやっています。
お気軽にお問い合わせください。

 

 

≫ 続きを読む

薬指で瞑想

今回は薬指を使った瞑想の話です。
 
 
薬指のエネルギーエレメントは地(土)の性質
Hands04.jpg

薬指は、太陽神アポロと、
骨盤を支配する根のチャクラに関連づけられています。
 
 
この指はスタミナや、不動の力、
主張する力を与えてくれます。
 
中国では薬指を肝臓の深層経絡に分類しました。

肝臓の力は人に忍耐力、平穏、希望、
そして未来へのヴィジョンを与えてくれます。

「三焦」(内分泌臓器・リンパ管)も
また薬指の先を起点としています。
 

この経絡は体内のすべてのプロテクト機能を司り、
逆に細胞機能を調整する体温が正常に
保たれるように働いています。
 

最高の状態で働いていれば、
ストレス下の状態であっても、
免疫系が良好に機能するための
前提条件でもある均衡状態を
保つことが可能になります。
 

薬指を支配する力は安定を与え、
見通しを持ち、上を目指して努力することを
促してくれます。
 


 
~ エクササイズ ~

座る、あるいは横たわります。

左手の薬指を右手の四本の指で握り、
右手の親指を左手の内側の中央に伸ばします。
目を閉じます。
 
植物の生えていない、
ゴツゴツとした岩に覆われた地球
“砂漠、山、島”
をイメージしましょう。

地面が動き出したらどうなるでしょうか?
土地が乾涸びてしまったら?
地球が太陽に完全にさらけ出されてしまったら?

次に、肥沃(土地が肥えていて、豊かな状態)な地球をイメージしてください。

地面がゆっくりと緑で覆われていきます。

小さな植物が生え、
大きな植物が生え、
緑はどんどん増えていきます。

地中深くに眠っている小さな種に
目を凝らしてみましょう。

呼吸するたびに種の中の何かが動き、
発芽し、光の方角に向かって伸びていきます。

それと同時に、地中深くに根を張ります。
 
種はとてもゆっくりと育ち、大木になります。

あなたは植物がなるべき姿になるまで
大きくなるのをじっと見つめています。

時は意味を持ちません。

ただ絶え間ない成長が刻まれるだけです。

木々は毎年新しい花を咲かせ、
実をつけます。
 
その理由を木が知らないのと同じように
私たちもまた知ることはありません。

木と同じように、私たちも自分の人生を
全うしたいと考え、
おそらく偉大なるミステリーの謎を
完全に解き明かすことはできないとしても、
生きること自体に目的があると分かっています。

木々が毎年変化するように、
私たちの内なる成長もまた続きます。
 
それが喜びに満ちたものになるか、
あるいは悲しみに満ちたものになるかは
私たちが決めるのです。
 
 
しばらくの間、指を握り続け、
温かい気の流れを感じてください。
 
次に右手の中指を握り、
同じだけの時間しばらく握り続けます。
 
 
 
いかがでしたか?
大切なことは自らが「感じよう」とすることです。
 
次回は小指の瞑想を書きますね。
 
お楽しみに!

 

 

 

 

 

プライベートレッスンもやっています。
お気軽にお問い合わせください。

≫ 続きを読む

2017/06/04    指でエネルギー感知力アップ    om5   |    タグ:マインド , 精神性 , , ムドラー , ヨガ , 瞑想 , ヒーリング

中指を使った瞑想

今回は中指を使った瞑想の話です。

 

中指のエネルギーエレメントは空(エーテル)

 

中指は「神の指」と呼ばれ、喉のチャクラに類別されています。
あなた自身の中指を見てみましょう。

五本の指の中で最も長い指ですよね。


このエーテルエネルギーは無限に向かって放たれています。


また、中指は天国への階段とも見なされています。

 

占星術で中指に類別される土星は、我々が住む太陽系の一番端に位置し、「門番」とも呼ばれます。

 


天国の門の前で私たちは

自分自身の人生について

説明する責任を問われます。


また、魂と心がピュアでないと開かない喉のチャクラ

“純潔・潔白への入口”も

中指が象徴します。

 

しかしながら、スピリチュアルな道を進むためには、

私たちはまず地上での義務成長を全うしなければいけません。

 


中指は循環器系の経絡と

胆嚢の深層経絡という内側の

経絡とつながりがあります。


どちらも人生においてチャンスをつかみ、

我がものにする手助けとなるものです。


中指のエネルギーは日々の暮らしの活動から

世界の彼方の領域へ至るまで

広範囲に渡ります。

 

 

~ エクササイズ ~


座る、あるいは横たわります。


右の中指を左手の四本の指で握り、

左手の親指を右手の内側の中央に伸ばします。


静かに目を閉じます。

 

あなたが一番やりたいことを

行なっているところを想像してみましょう。


あなたが進もうとしている道に置かれた

あらゆる障害物をコントロールし、

やっていることを心から楽しめるように、

持っているすべての熱意と才能を

最大限に発揮しましょう。


あなたがすることはうまくいきますし、

それがどのようにうまくいくか、

あなたは明確に思い描くことができます。


あなたがすることは世界を豊かにします。

(あなたの家族、個々の人間、あるいは世界全体)


さらにあなたを助け、

あなたに道を示す神の力と

常に繋がっているのを想像しましょう。

 

もしあなたが今の仕事に満足していないのなら、

あるいはあなたに合った趣味や興味がないなら、

内なる声に尋ね、あなたの内なる英知を

呼び覚まして答えを受け取りましょう。


同時に、中指が象徴する自発性をもって

目の前の問題に実際に取り組んでみましょう。


そして、これが何よりも大事なのですが、

創造主の力を理解し、

それに近づくことを求め、

創造主の力とパートナーシップを結ぶのです。

 

しばらくの間、中指をそっと優しく握り続け、

温かい気があなたの中に流れ込んでくるのを感じてください。


次に左手の中指を握り、同じようにしばらく握り続けます。


手をこのような形に組むと、首周りのコリに素晴らしい効果があります。

ぜひ試してください。

 

いかがでしたか?

大切なことは自らが「感じよう」とすることです。

 

次回は薬指の瞑想を書きますね。

 

お楽しみに!

≫ 続きを読む

人差し指で瞑想

今回は人差し指を使った瞑想の話です。

 

人差し指のエネルギーエレメントは風

風の性質は、、、

固有の性質として、触を有していますが、風の触は非熱非冷で、燃焼からは発生しない。

固有の性質以外では、数・量・別異性・結合・分離・かなた性・こなた性・重さ・潜在的な印象がある。

 

風による結果は、、、

認識対象・感じるものを認識する、皮膚の知覚や心に変化を与えます。

 

Hands02.jpg

 

ハートのチャクラ、大腸、そして胃の深層経絡が人差し指と結びついています。

 

また人差し指には「確実な」直感、「鼻が利く」、反射能力、ひらめきも見いだすことができます。

 

このエネルギーは私たちの最も深い核心部分に近づき、

そこから宇宙意識へと戻って行きます。


別の言い方をすれば、

最も深い存在(直感力)に近づき、

宇宙から(インスピレーションを)受け取るのです。


この指は

 

接近と開放

 

の両方を含有しています。


私たちはどこまで接近することができるでしょうか?

 

風のエレメントはマインド “考える力” を表します。


思考は風と同じように目に見えませんが、

私たちが起こしたりあるいは起さずにいる行動を引き起こす要因であり、私たちの健康やすべての感情、私たちの人生の全体設計のために私たちが拒否したり引き寄せたりするあらゆるものの根拠なのです。

 


またこの指には木星の力が関連づけられており、

物事の絶え間ない変化

 

“人生のすべての側面を受け入れ、それらを処理し、再び手放す”

 

ことを示唆しています。

 

 

また、人差し指は未来に対する明確な目的意識の高い視野を持っています。


私たちの思惟は非常に重要ですので、

私たちは思惟の質について、より頻繁に考えるべきです。


以下の瞑想を数日続けて行えば、

私たちは自分の思惟に一定の習慣があることに気づくでしょう。

 

習慣はそれに気づけばすぐに変えることができますが、

そのためには一定の時間がかかります。

 

危険な思惟を有益な思惟に置き換えていくことを続けるなら、その結果として私たちは人生の状況を変えることも可能なのです。

 

 

~ エクササイズ ~


座る、あるいは横たわります。

 

右の人差し指を左手の四本の指で握り、

親指を右手の中央に伸ばします。

目を閉じます。

 

あなたの目の前には畑が広がっていて、

あなたは座って穂が揺れているのを見つめています。


あなたが息を吸うと、

穂があなたに向かってなびきます。


息を吐くと穂はあなたから遠ざかります。


畑全体を見渡したり、

一本一本の穂を見つめたりを繰り返してください。

 

息を吸うと空間が狭くなり、

吐くと広くなるのも感じてください。

 

金色の穂は

 

“はかなさ”

 

それ自体に新しい始まりの種をすでに含有している大いなる死を示唆しています。

 


しばらく、雲が浮かぶ青空の広がりと、

あなたの心の安らぎを体の中で見つめてください。

 

では、頭の中に浮かぶ考えを観察して、

しばらくの間あなたの思考について考えてみましょう。

 

あなたは普段どのような考え方をしているのでしょうか。


積極的ですか?


消極的ですか?


自信満々でしょうか?


恐る恐る考え込んで(心配しすぎて)、

 

批判的ですか?


思い出に支配されているのでしょうか?


それとも未来志向型ですか?

 

しばらくの間、指を握り続け、

温かい気の流れを感じてください。

 

 

次に左手の人差し指を握り、同じようにしばらく握り続けます。

 


 

 

いかがでしたか?

大切なことは自らが「感じよう」とすることです。

 

次回は中指の瞑想を書きますね。

 

プライベートレッスンもやっています。
お気軽にお問い合わせください。

 

 

≫ 続きを読む

親指の瞑想

親指を使った瞑想の話です。

 

親指のエネルギーエレメントは火

火の性質は、、、

色・触を有していて、

色は、光輝と白で

触は、熱のみです。

また、火には、数量・別異性・結合・分離・かなた性・こなた性・原因により生じる流動性・潜在的な印象といった性質があります。

火による結果は、、、

認識対象、見えるもの・感じるものすべての状態を認識する、知覚(心眼)に変化を与えます。

 

 

生体では、肺とその経絡と関連があります。

Hands01.jpg

 

占星術ではマーズ(火星かつ/あるいは戦いの神)が親指に関連づけられています。

 

親指の火の力の働きは、

その他の指のエネルギーを助長したり、

余分なエネルギーを吸収します。


このように親指は、崩れてしまったエネルギーバランスを様々な形でバランスを取り戻してくれるのです。


ものが燃えてなくなることをイメージしてみてください。

 

火による破壊はすべてを元素化して、新たな秩序を作り出す力を持っています。


自然環境において、

何十年に渡って最も生命力の強い

単一の種だけが生き残ったとしても、

山火事が起きれば再び多種多様な植物が

生息する前の初めの状態に戻ります。


私たちの体内がオーバーヒートしているとき、

つまり発熱しているとき、

すべてのバクテリアを殺します。


火は空気に依存しており、

酸素が無いと消えてしまいますが、

それは私たちの細胞の呼吸にも充てはまります。


個々の細胞の新陳代謝は適切な酸素量でないと

適切に機能しないのです。


私たちは、体や臓器に軽く暖かな息を吹き込む。

あるいはそれを想像することによって

体や臓器を強くすることが実際に可能なのです。

 

~ エクササイズ ~

座る、あるいは横たわります。


右の親指を左手の四本の指で握り、

左手の親指を右手の内側の縁に沿わせます。

 

静かに目を閉じます。

 

弱っている、あるいは病気にかかっている

体の部位に意識を集中します。


体の下部中心(おへその高さ)が光っていることを想像してください。


息を吐くたびに光線が体のそれぞれの部位に向かって照射されます。


大きくて黒い煙の塊(あなたの病気や痛みの元になっているもの)が、照らされた体の部位から逃げて行きます。


その光だけに意識を集中してください。

 

光はその体の部位からゆっくりと溢れ出し、

輝き、そこを癒します。

 

しばらくの間、

親指をそっと優しく握り続け、

温かい気の流れを感じてください。

 

次に左手の親指を握り、

同じようにしばらく握り続けます。

 


 

いかがでしたか?

大切なことは自らが「感じよう」とすることです。

 

次回は人差し指の瞑想を書きます。

 

プライベートレッスンもやっています。
お気軽にお問い合わせください。

 

≫ 続きを読む

指でエネルギー感知力を高める

皆さんの指にはそれぞれにあった瞑想法があります。

あまり難しくない瞑想法なので、イメージを大切にしながら試してみてください。

Hands.png

以下にあげる瞑想法は、一本一本の指とそれらに宿る力を意識的に感じる助けになるでしょう。

あなたは自分の指に精通し、またそれらを理解し愛するようになるでしょう。

私は自分自身のポジティブな経験から、チャクラのエネルギーと一本一本の指とが正確に対応していることに確証を持っています。

またこれらは経絡システム(ツボ-受信(求心)感覚-神経中枢-送信(遠心)感覚-臓器や心などの状態=症状・結果)を深いところで補完しています。

 

あなたの意識と建設的な思考はここでも有益です。

思考と感情はすべての身体の機能に影響を及ぼしています。

 

あなたが「心に決めたこと」や「自分自身に向かって語りかけること」は近いうちに実現するでしょう。

癒しを行う古代インドではすでに遠い昔から、どれか一つのエレメント(地、水、風、火、エーテル)が多すぎたり少なすぎたりすると体のエネルギーバランスが乱れ、重い病気にかかることさえあることに気づいていました。

呼応するイメージを思い浮かべることで、私たちは自身の内なる調和を取り戻すことができます。

すべてのエレメントが私たちに対してポジティブな影響力を持つ一方で、同時にそれらは私たちを破壊することをも可能です。

個々のエレメントは元来、お互いに影響を与え合っています。

すべてのエレメントは、常に穏やかで能動的な状態でバランスが保たれていることが必要です。

しかし、私たちはストレスを感じ、休養やエクササイズが不十分で、食べ過ぎたり、あるいは不安にさいなまれていることが何と多いことでしょうか?

これらがバランスを失わせるのです。体が調和を保てなくなると、私たちはバランスを失い、病気にかかりやすくなります。

次にあげる瞑想法は眠れぬ長い夜や病気の時に行えるもので、一本の指をもう片方の手の四本の指で優しく握るだけの簡単にできるものです。

752ae72a6c26fb15c5608e882bb7f4db_s.jpg

 

【親指の瞑想】

【人差し指の瞑想】

【中指の瞑想】

【薬指の瞑想】

【小指の瞑想】

 

 

≫ 続きを読む

友達登録して気軽にLINEで予約

新メニューやお得情報、日々の生活で役立ちそうなことをスマホから見ることができます!

友だち追加